借用書ってどんな風に書けばいいの?

 

親や兄弟、友人など個人間でお金の貸し借りをする場合、借用書は作成しておきたいもの。

 

お金の貸し借りはトラブルになりやすいもの。

 

ですから身内や仲の良い友人であってもケジメを付ける意味でも借用書を作っておかないと後で関係が悪くなってしまうかもしれません。

 

借用者がないばっかりに借金を踏み倒されてしまったり、貸した金額と借りた金額が互いに一致せずトラブルになってしまうこともあり得ます。

 

そうならないためにも今回は借用書の書き方について解説していきたいと思います。

 

 

借用書ってどうやって書くの?

 

では基本的な借用書の書き方について見ていきましょう。

 

借用書は借り主でも貸し主でもどちらが作成しても構いません。

 

重要なのは借り主の署名となりますので忘れないで下さい。

 

借り主が作成して貸し主が借用書を保管するのが一般的ですが、書類をなくしてしまった時のことを考えると両者1通ずつ保管しておくのが良いでしょう。

 

借用書には絶対に書いておかなければいけない項目があります。

 

貸し主の名前、借りた金額、完済期日、金利、返済方法、遅延損害金の率、返済が滞った時の対処法、借入日、貸し主の住所・氏名・電話番号です。

 

分かりやすいように具体例を紹介します。

 

鈴木太郎殿
1、 私は貴殿より金弐拾萬円を借り受けました。
2、 上記借金は平成〇〇年○月○日に完済致します。
3、 利息は年15%とし、毎月○日に口座振り込みまたは持参にてお支払い致します。
4、 遅延損害金は20%とします。
5、 利息の返済が遅れた場合は借入残高を即座に一括にて返済致します。
平成○年○月○日
田中一郎 印
東京都荒川区◯◯◯

 

借りた金額は漢数字で記入したほうが後から加筆できませんのでトラブルを防げます。

 

ここでは金利は15%と明記していますが、これは金融機関で借りる場合と変わらない利率ですから、さすがにここまで高くする必要はありません。

 

金利に関しては当事者同士で話し合って納得した利率で設定するのがトラブルにならないでしょう。

 

返済方法は一括なのか分割なのかハッキリしておきましょう。

 

もし分割の場合は毎月の返済日を記入することを忘れずに。

 

 

借用書に収入印紙は必要なの?

 

借用書には収入印紙を貼りますが、これは絶対に必要な物なのでしょうか?

 

収入印紙とは印紙税のことで立派な税金の一種です。

 

課税文書を作成した特に支払うものですので借用書にも貼らなければいけません。

 

借用書の金額によって印紙代は異なります。

 

1万円未満の貸し借りですと非課税となりますが、1万円以上10万円以下は200円、50万円以下は400円と少額な借入なら印紙代はそこまで高くなりません。

 

実は収入印紙が貼られていなくても借用書は有効です。

 

ですが税金を支払っていないわけですから罰則が課されます。

 

この場合は罰金を払うことになり、本来の納付すべき金額の3倍となります。

 

つまり印紙代200円なら600円払わなければいけないということです。

 

 

返済できなくなった場合はどうなるの?

 

借用書を作ったのに返済できなくなった場合はどうなるのでしょうか?

 

この場合は法的措置をとられることになります。

 

土地や家屋、給与などの財産を差し押さえられてしまうかもしれません。

 

そして何よりも人間関係の終わりを告げることになります。

 

そうならないためにはきちんと事情を説明し一括で返済するようにすることです。

 

どうしても一括返済が苦しい場合はカードローンやキャッシングでお金を用意する手立ても検討しておく必要があります。


プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり


※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

アイフル


 

※アイフルとの契約が初めての人のみ

無担保キャッシングローンが対象。その他の商品は対象外