無利子で借金したい!無利息で融資を受ける方法は?

 

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

アイフル


 

※アイフルとの契約が初めての人のみ

無担保キャッシングローンが対象。その他の商品は対象外

 

 

お金を借りるには基本的に金利がかかります。

 

金利は大きければ大きいほど支払う利息額が大きくなり、逆に金利が低ければ支払う利子は少なくて済みます。

 

出来ることなら無駄な利子は支払いたくありませんよね。

 

欲を言えば無利子で借金したいと思うところかと思いますが、果たして無利子で借金する方法なんて有るのでしょうか?

 

そこで今回は無利子で借金したい方のために無利息で融資を受ける方法について解説していきます。

 

 

無利子で借金したいなら、まずは親に相談

 

無利子でお金を借りるのであれば、まずは親や兄弟に相談するのを考えると良いです。

 

血のつながりの有る関係ということも有り言いにくいかもしれませんが、お金が必要な理由をきちんと話せば無利子で借金させてくれる可能性は高いです。

 

もちろん遊びやギャンブル目的で借りようとするのは論外です。

 

生活していく為にお金が必要という以外の理由で無利子で借金する場合は、親から借金するのは止めておいたほうが良いでしょう。

 

 

親や兄弟からの借金はトラブルに繋がりやすいですから注意が必要です。

 

身内からの借金は金融機関から借金するのとは違い、返済の優先度を低く捉えてしまいがちです。

 

金融機関の場合、滞納や未納を続けていると差し押さえや裁判になるといったリスクが有りますが、身内からの無利子で借金ではこのようなことになる事はありません。

 

ですからどうしても返済を後回しにしてしまい、それが後にトラブルへと発展しまいます。

 

身内からの無利子の借金であっても後々トラブルにならないためにも借用書は必ず作成しましょう。

 

借用書の正しい書き方はこちらを参考に

 

 

 

無利子の借金でも書面にきちんと証拠として残しておくほうが、親も安心ですし借りた方はきちんと返済しようと思うものです。

 

親や兄弟からの借金は基本的に無利子ですが、利子を付けて返したいのであればそれでも構いません。

 

借入額が高額になる場合は贈与税の対象になる場合もあるのでそういった意味でも本来なら利子は付けて返したほうが良いです。

 

利子を付けて返す場合、金利をいくらにするのかは悩みどころですが、これは当事者同士で話し合って決めるのが1番良いかと思います。

 

借りる側で勝手に決めてしまうと後々トラブルに成るかもしれませんので一番納得の行く形で決められるようにしましょう。

 

 

無利子の借金でも返済日もハッキリと決めておく方が良いです。

 

お金を貸すというのは非常にストレスが溜まるものです。

 

いくら身内であってもいつ返してくれるのか分からないと、無利子で借金でも、本当に返してくれるのかと不安になってしまうものです。

 

相手のためにも返済日もハッキリと決めておいたほうが良いです。

 

分割払いにする場合は毎月何日が返済日なのか、こういった事を有耶無耶にしてしまうとトラブルになりますので気をつけましょう。

 

また、無利子の借金の返済がどうしても遅れそうな場合はそのことを伝え、何時までに返済するのかもハッキリと伝えましょう。

 

そして当たり前のことではありますが、全額完済した際は必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

 

「無利息サービス」を使えば無利子で借金も可能

 

大手のカードローンなら

無利息キャッシングもOK

↓ ↓ ↓ ↓

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

 

 

大手消費者金融や銀行の中には一定期間無利子で借り入れできる「無利息サービス」を提供しているところがあります。

 

消費者金融や銀行からお金を借りるとなると、本来であれば利子を付けて返済しなければいけません。

 

しかし、この無利息サービスを利用すれば一定期間内は利子が一切発生しません。

 

つまり期間内に完済してしまえば、無利子で借金が出来るということになります。

 

 

 

無利息サービスを提供している消費者金融はプロミス、アコム、アイフル、ノーローンの4社、銀行では新生銀行カードローンレイク、ジャパンネット銀行キャッシングなどが有名です。

 

無利子の期間や適用条件は各金融業者ごとに異なりますので、利用する前に必ず確認しましょう。

 

 

また、無利子で借金の期間の開始日が金融業者によって微妙に異なりますので、これにも注意が必要です。

 

例えば、プロミスとジャパンネット銀行のキャッシングは、初回借入日の翌日から30日間が無利子期間としています。

 

これに対し、アコムやアイフル、新生銀行カードローンレイクは契約日の翌日から30日間が無利子期間となります。

 

前者の場合は実際に借り入れしてから無利子期間がカウントされます。

 

ですが、後者の場合は契約日の翌日から自動的にカウントされますので、借り入れしていなくても無利子で借金の期間がどんどん減っていってしまうということになりますので、要注意です。

 

 

適用条件とは、無利子で借金できるサービスを利用するためにクリアしなければいけない条件のことで、金融業者ごとに異なります。

 

例えばプロミスの場合は、プロミスへメールアドレスの登録と明細をWEB明細に設定した場合に無利子で借金できるサービスが利用可能となります。

 

ジャパンネット銀行キャッシングとアイフルの場合は特に適用条件はありません。

 

 

 

無利子の期間は基本的に30日間ですが、ノーローンの場合は7日間、レイクは30日間と180日間から選べます。

 

無利子サービスは基本的に初回のみとなりますが、ノーローンの場合は完済すればその翌月から再度無利子で借金できるサービスを利用することが出来ます。

 

つまりノーローンだけは唯一、「何度でも無利子で借金できるサービス」を利用することが出来ます。

 

レイクの180日間無利子は借入額5万円までが適用となります。

 

無利子期間を過ぎた場合は翌日から利子が日割りで発生します。

 

金利は個別に設定されており、審査によって決められます。

 

 

 

無利子で借金の期間中に返済日が来た場合は最低返済額以上の金額を必ず支払わなければいけません。

 

最低返済額はどの金融業者でも決められています。

 

例えば借入残高が10万円以下なら毎月の最低返済額は2000円以上、借入残高が10万円以上20万円以下なら毎月の最低返済額は5000円といったように予め決められています。

 

無利子で借金している期間中に返済日が来た場合に、返済を忘れてしまうとその翌日から利子が発生となります。

 

要するに無利子の期間は終了となります。

 

また返済を滞納すると遅延損害金も払わなければいけませんので注意しましょう。

 

無利子で借金の期間内のいずれかで元金を全額返せば良いど言うわけではありません。

 

 

無利子で借金できるカードローンは少ないですが、上手く利用すればお得に借り入れすることが出来ます。

 

普段は無利子サービスを提供していない業者でも利子ゼロキャンペーンなど定期的に提供している金融業者もありますので、是非活用してみると良いですよ。

 

 

条件は厳しいが緊急小口資金貸付なら無利子で借金可能!

 

無利子で借金する方法はカードローンの無利息サービスだけではありません。

 

公的融資なら無利子で借金することも可能です。

 

慢性的にお金がないという場合は借金として利用を検討してみると良いですよ。

 

例えば厚生労働省の「生活福祉資金貸付制度」は公的融資制度の代表的なものです。

 

資金には総合支援金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金があります。

 

そして一時的に生活が困窮していて、緊急でお金が必要な場合は、少額貸し付けの「緊急小口資金」を利用すると良いでしょう。

 

 

 

生活福祉資金貸付制度は生活費や住居費を有利な条件で借りれます。

 

保証人無しで借りることが出来、その場合は年1.5%の金利が保証人有りの場合は無利子でお金を借りれます。

 

より詳しくはこのページを参考に⇒生活福祉資金貸付制度って何?

 

 

緊急小口資金は税金を原資とする公的な貸付制度です。

 

ですから、相談・貸し付け・償還完了とサポートがかなり手厚く整っています。

 

 

ただ、緊急小口資金貸付制度は誰でも借金できるわけではありません。

 

必要な相談支援を行なうことにより、借入した世帯の生活を安定させて毛剤的に自立できることを目的としています。

 

ですからこの緊急小口資金貸付制度で借金できる人は、この制度を利用することで経済的な自立を図ることができる人に限られます。

 

つまりこの緊急小口資金貸付制度で経済的な自立が出来ないようであれば貸し付けはされないということになります。

 

 

借金できるのは低所得世帯となり資金使途もかなり限定されています。

 

医療費の支払い、火災などの被災によりお金が必要、給料の盗難紛失によって生活費がない、就職や転職を下ばかりで給料日までお金が無いといった場合などに使用が認められています。

 

 

 

逆に緊急小口資金貸付制度で借金できない人もいます。

 

既に他の制度などにより必要な資金を受けている、常に生活が困窮状態にある世帯、生活ではなく借金返済のために借りようとしている、他の制度を利用していて返済を滞納している場合は利用できません。

 

借金できず利用不可の条件はこの他にも沢山あります。

 

 

緊急小口資金は各市町村社会福祉協議会が申し込み窓口となっています。

 

窓口へ直接行くもしくは郵送のいずれかで申し込みとなります。

 

但し地域によって申し込み方法が決まっていますので、一度問い合わせすると良いでしょう。

 

 

このように緊急小口資金貸付制度は無利子で借金することが出来ます。

 

ただ、小口資金と称されるように借入額は10万円以内と少なめです。

 

また、緊急とは言っても申込みしてから借り入れするまでに最低でも5日以上はかかります。

 

緊急小口資金貸付制度は無利子でお金を借りれるので、お金に困っている時には非常にありがたい制度です。

 

緊急小口資金貸付制度についてより詳しくはココ

 

 

しかし、利用するための条件が厳しい上に融資までに時間がかかるのが難点です。

 

今日明日までにお金が必要という場合は、即日で借金が可能なカードローンでお金を借りるほうが良いでしょう。

 


プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり


※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

アイフル


 

※アイフルとの契約が初めての人のみ

無担保キャッシングローンが対象。その他の商品は対象外